楽天銀行だとおまとめローンは審査の評判いいって?

おまとめローンは頻繁に利用するものではありませんから利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問はおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら、おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問についてはネットで「おまとめローン よくある質問」と検索してみると良いでしょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るコツや落ちる人の傾向など、初めてローンを組む人には大変有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

銀行で、おまとめローンというサービスを提供しているところは少なく借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

おまとめローンの申し込みで一番手軽な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですが最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので必要書類を郵送してもらって記入後返送するローンもあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく周囲にバレるリスクを減らす事ができます。

おまとめローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば支払総額を増やさなくても、毎月の返済を楽にできます。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンはバラバラな返済日を一括管理することができます。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますがおまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

月々の返済総額を下げたいという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

何件もの金融業者から借り入れがあると引き落とし日がバラバラなので、管理するのも一苦労ですね。

参考:楽天銀行おまとめローン審査の口コミは?【申し込みの条件と流れ】

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなので前向きに検討することをおすすめします。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因がわからなければ、次のおまとめローン審査を受けても通らない可能性があります。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これらの条件全て問題が無いということになれば審査に合格することができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高くフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

住宅ローンを借り入れる際にカードローンを利用していると不利になるという話を聞きますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんので住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

借入先が複数ある多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納することなくきちんと返済していればそれはプラス評価になります。

更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。

テレビCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングローンがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

おまとめローンは複数のからの融資を1本化することで月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンというものは返済型という対応になりますので追加融資をしてもらえないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。