審査の甘い銀行の住宅ローンの通過率の件に関する私の体験談

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行から薦められる事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
今、注目の住宅ローンを選択しようか迷っている方も多いのですが意外にも変動金利にするか固定にするかで悩む方が殆どです。
なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いのですぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。
しかし、変動は毎月の返済金額が異なるためにローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。
けれども、比較的低金利といわれる時代のせいなのか全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。
是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら後から後悔のない選択が出来ると良いですね。
住宅ローンを検討している方や既に申請されている方も、誰でも聞くだけで10年後に得するかもしれない試さないと損をする節税の方法をお教えしたいと思います。
年間で約30万円も差が出るかもしれない方法ですので、出来れば早めに確認しておくと安心ですね。
対象となる方は自分が住むために新しく家を建てた方で、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。
そして最低でも10年以上のローン期間があることが条件です。
これ以外にも条件が決められているので、再度確認した上で今より節約できるとこれからずっと楽になるでしょう。
せっかくマイホームを購入したのに、返済金が残っている状態で三大疾病にかかってしまったらどうしたら良いのでしょうか。
普通は、団体信用生命保険に加入していると思うので債務者がもしも亡くなった場合に自動で付帯されます。
申請した内容にがん保険が入っている場合もありますが、種類によっては含まれないものもあるので気をつけましょう。
ただ中には癌だと分った時点でお金が振り込まれる場合と、1年間の通院と入院をされた場合に振り込まれる事もあります。
どちらも月々の金額で計算すると数千円の違いなので、何かあった後では遅いので、今から準備しておきましょう。

住宅ローン審査の甘い銀行は?審査の流れ解説【通りやすい窓口】